八月某日、君に良く似た死神を見た

8/9
みんなに心配をかけてしまって申し訳ない。子どものときは入院できたらいいなーと気楽に思っていたものの、大人になるとそうはいかない。はーあと溜息をついて息を吸ったらあばらがすごく痛かった。自分がなぜここにいるのか解らない、いや、分かってるんだけど解らないが正しいのかもしれないし、自分がそうしてここにいるということを認めたくないのかもしれない。夢ならはやく醒めてくれという感じ。飯はまずいし煙草は吸えないし病院とはロクでもないところだなと思う。入院続きの祖父を哀れんだ、まぁその祖父のかかりつけの病院に搬送されるわたしもさすが孫といった感じだけど。


8/10
やることがない、といったら嘘になる。朝6時に電気はついてあっという間に食事を持ってこられ、片付いたと思えば昼が来て夜が来る。慣れてない入院生活は慌ただしい。これといった検査なんかがあるわけではないんだけれど。安静じゃなくてさっさと治療を始めて欲しい。わたしは寝るためにいるわけじゃない、治すためにここにいるのだ。いい加減にしないと夏が終わってしまう。まだやりたいこと半分しかできてないのに。


8/11
5日目になる入院生活はもういろいろとわかってきて正直、担当外の看護師の雑さにはむかつくし医者の卵の中途半端な説明の説得力の皆無さにはほんっとイライラするけど、なんとなく過ごしてるからまだたぶん大丈夫。


8/12
祖母がジェラートピケのパジャマを持ってお見舞いに来てくれた。お返しに村上龍限りなく透明に近いブルーを貸してあげた。
恋人に電話したら、ゆうちゃんひとりじゃないよって1人でいてくれた。
そんなことでうれしくなったりかなしくなったりたのしくなったりくるしくなったりする。他人に感情をむちゃくちゃにされるのは案外きもちいい。


8/13
友人が子どもといっしょにお見舞いにきてくれた。人と話す時間がとても少ないから人が会いにきてくれるのはうれしい。そんな中、母は毎日会いに来てくれてるけれど。不謹慎だけど愛がいっぱいで恵まれてるんだなと気付く。はやく元気になってうだるような暑さの中アイスをくわえながら写真を撮りたい。

 

 

 

あなたの鼓動に触れればきっと泣いてしまう

8/4
あ、今日いけるかも、と謎の自信を持って出勤したらすぐに崩壊した。泣きそうというよりイライラしてきてしまってこれだめなやつだって自分で気づいたからまだ許してあげる。寒気と咳でそれどころではなくなって早退させてもらって罪悪感。病院へ行って点滴を打ってもらって祖母の家で焼うどんを食べ、会いたいがために恋人に風邪ということを隠して会いに行く。そんな嘘は簡単に見抜かれてしまって叱られてしまった。ほんとうにわたしは自分のことしか考えてないな、とすこし反省する。たくさん愛をもらって眠りにつく、彼の腕は心地よい


8/5
いつも通りおはようのキスをして身体を起こし、ソファに座って煙草を吸う。この瞬間が最近ではいちばんしあわせなんじゃないかと思う。起きた彼が口を開く。「ゆうちゃん、普通の同い年くらいの男なら見放す勢いに咳込んでえづいて溺れてたよ」と言われて見放されなくてよかったと思った。基本的にこういう状況に陥ったらめちゃくちゃ心配されるタイプだからアレだけどって思ったのはここだけの秘密。
天気も微妙で彼の地元のAEONで映画を観ることにした。メアリと魔女の花を観た。個人的な感想としては動く、動く、とにかく動く。ジブリ作品ではないけれど、あ、これ、こういうのが観たかったって映画の節々で思った。でもやっぱり宮崎駿さんには誰も勝てないんだな、と再確認した。かといって悪い映画ではなかった。すごく面白かったし、わくわくもしたし、作画の綺麗さにはうっとりもした。良作だとわたしは思います。
観終わって煙草を吸って帰りの電車に乗るために地下に降りる。なぜかいつもこれが最後かもしれないと思って甘えてしまうんだけど最後じゃないでしょって怒られちゃう。解ってるんだけど不安は消えてはくれなくてグッとこらえて、またねと笑顔で返せたからはなまるあげる。


8/6
焼けるような喉の痛さで目を覚ます。あぁ、もう無理と思って休みの連絡を入れた。
ずっとねむっていて目を開けると愛猫がそばにいてくれた。愛おしくてキスをする。わたしとは反対に愛猫は逃げる、猫は気ままだ。頭がぼうっとして言葉が綴れない。おやすみ


8/7
午前中に病院で点滴を打ったのち、出勤の予定が交通事故に遭い、搬送された。腰三箇所、肺挫傷とのことらしい。人に聞くと赤信号無視して渡ってたとのこと。信号は守ろう。いろんなひとが心配の連絡をしてくれてうれしかった。昨日以上に頭がぼうっとしている。早く治さないと夏終わる 死


8/8
なんとか今の自分の立ち位置を整理することができた。病院の食事はまずい。一刻も早くここから出て自由に暮らしたい。来週はたくさん予定が詰まってるのについてない。なんなら終わってからにしてくれたらよかったのに。ついてない。

 

 

 

水溶性の涙に溶ける

7/30
おはようございまーす、大きくもなく小さくもない周りの空気感を感じながら発した声におはようございますと返ってくる。なんだかみんなソワソワして変な空気だなと思ったら新人の子がアポを取ったらしい、チャイムが鳴る、負けてたまるかと意気込んでインカムを付ける、仕事モードスイッチオン。出勤して30分でリサーチ(アポになる一歩手前)を取った。お弁当をあけていただきます、相も変わらずボリューム満点なお弁当、お母さんいつもありがとうと思いながら美味しく頂いた。午後からまたがんばるぞっと意気込んだもののするっと横の新人の子がリサーチを取る。もうだめだと思って泣きそうになったら次は吐き気が、泣くのをグッとこらえてオエオエしながらコールする。もうだめだと思って上司にちょっとした嘘を上乗せして相談して早退することにした。
帰って友人に電話したら「ゆうちゃんが今戦うのはその子じゃなくて自分自身だと思う。競う気持ちも大切だけどそれは2、3年続いて同じままだったらしたらいい、今はその子を踏み台にしてやる気持ちで目の前の仕事に全力で打ち込め」と慰めと励ましと応援をもらった。ほんとうにこの子と話すとスッキリする。いつもありがとう。


7/31
午前4時50分に起床、そそくさと身なりを整えてカメラを持って自転車に乗って撮りたいと思っていた場所まで走り出す。目的のものを撮れたのでゆっくり帰りながら夏を探す。いまいちいいものが撮れなくて汗だくになって実家の喫茶店へ寄って祖父が「遺影を撮ってくれ」というのでこの間はピンボケしていたので改めて写真を撮った。家に帰ってきて吸い込まれるようにベッドに入っておやすみなさい、起きたのは11時過ぎだったと思う。
しばらくだらだらしてごはんを食べて録画していた思い出のマーニーを観た。面白いというか不思議な感じ。いわゆるジブリファンタジーとは違うような感じだし、分かりやすいキャラクターが出てくる訳でもないので、すごく小さな子供たちにはちょっと難しさが残るかもとは感じた。でも個人的にすごく良作だと思う。恋人から電話がかかってきて今日会えるよって言葉で気分は最高潮。テキパキと用事をして合流したのは午後10時過ぎでコンビニへ寄って適当なものを買ってホテルへ向かう。恋人に会うのはひさしぶりな感じ。9歳も離れているのにゆうちゃん〜って甘えてくるのがかわいらしい。いっしょにお風呂に入って18度風量強の部屋で涼んでふたりでだらだら過ごす、なんとしあわせなことか。
キスをしておやすみなさいをした。


8/1
わたしは恋人の腕の中でねむっている、いつものようにおでこにキスをする、そばを離れて煙草を吸う。ここ最近ではこの瞬間がいちばんしあわせかもしれない。恋人が起きて仕事へ行く用意をするのでわたしも帰る用意をする。駅まで見送っていってらっしゃい。JRに向かって歩く、環状線に乗って家へ帰る。わたしが作ったポシェットを見て友達がわたしも欲しいと言うのでその制作にかかる、はぎれを並べてどれが似合うか考える、ゆうちゃんがわたしをイメージして作ってなんて簡単に難しいことを言ってくれるなと思った。キリのいいとこで終え自宅に帰る。
休日って何したらいいか、いまいちわからない。時間が余ると不安になる、やらなきゃいけないことは山積みなはずなのにどれにも手をつけるのが億劫で、本を読もうにも本を読みたい気分にならない。でも何度も綴ってるようにそろそろ本を読まねば言葉が出てこない、語彙力があまりにも少なくなってきているし、言い回しもぜんぜん思いつかない。
つまり言葉が死んでいる。昔はもっと言葉で溢れていた気がする。本を読みたい。


8/2
早起きして男の子を撮りに行った、早朝のミナミは知らない街みたいでわくわくした、いろんなところを散策しながら撮った。人を撮るのってむつかしいことに初めて気がついた。表情、体の動き、背景とのバランス、正直こんなにむつかしいものだと思っていなかったから焦る。フィルムが終わって軽食を食べて彼の買い物に付き合った。解散して友達に贈るポーチの制作にかかった、殆ど祖母がしてくれてわたしの出る幕はなく少しさみしかったりした。出来上がって包装をして手紙を添えて送った、気に入ってもらえたらうれしいな。


8/3
仕事が楽しくない、わたしはまだ仕事の楽しさを見出せないでいる。隣の子がポンポンとコールAに進む中わたしはコールDでつまづいてばかりいる。気持ちばっかりが先走って空回ってるけど目の前の仕事を全力でするしか今はなくて正直 億劫ではある。
退勤して急いでカメラ屋さんに向かった、愉快なおばさんが「あなたはもっと自分を愛しなさい、あなたに何があったか知らないけどもっとどっしり構えなさい、せっかく笑顔が素敵なのにもったいないよ」と言われてしまった。確かに元から愛想が悪いのと顔色を伺ってばかりで笑うことが少なくなった。でもそれでいいと思ってた、無理に笑ったって疲れるだけだし笑いたいときに笑えばいいじゃないかと今でも思うけれど、あのおばさんは無意識にわたしにしあわせになって欲しいのかなとも思えた。その通りにはなってあげれないけれど。Minoltaのフィルムカメラをおじさんに貰った。前々から思っていたことだけれどわたしはほんとうにひとに恵まれてる。わたしもだれかの支えになりたい。

 

 

 

移ろぎゆく瞬間

7/25
アラームを完全にスルーして午前10時に起床、お風呂へ入って化粧をしてネイルサロンに行く。すぐに帰って来てお祭りの準備、祖母に着付けをしてもらって髪を直して外へ出る。カランコロンと下駄の音を響かせ、バスに乗って夏を感じたくてマツキヨでカルピスを買って飲んだ。電車へ乗って目的地まで行く、友人らが到着するまでホームの椅子に座って待っていた。しばらくしてから合流することができて屋台の方へ。どれもこれもキラキラしていてたぶんわたしの瞳もキラキラしていたと思う、テンションが最の高にハイ。覚えてる限り、はしまき、きゅうりの一本付け、冷やしパイン、たまごせんべえなどを食べた。金魚すくいの文字が見えてまた一気にテンションが上がる、ひとりで今年は6匹もすくえたのでまずまずといった感じ、時代は進化していてなかなか昔ながらの屋台が見つけられない中、探し求めていたヨーヨーつりを友人が見つけてくれた。透明がなくて残念だったけど狐面も買えて綺麗な花火も見れたし、今回の夏祭りは はなまるです。


7/26
午前9時、目が覚めて定休日のため出かける予定をしていた祖母に今日の予定はどうするのか確認するためにiPhoneを開いて画面を叩く。7コール目くらいで出た祖母は「しんどいからまた今度にして今日はスーパーに行って帰りにご飯を食べて帰ろう」と言うので気だるい身体を無理やり起こして洗面台に向かった。ふたりで自転車をこいで少し離れたスーパーへ買い出しに行く、道中でカメラ屋さんに寄ってもらい恋人に買ってもらったもう何十年前くらいに作られたフィルムカメラを出し操作方法や基本を教えてもらった。先におなかがぐうっとなったのでごはんにした、スーパーへ向かってまた自転車をこぎ始める、ひやしあめを見つけて夏を感じた。帰ってきて手芸の続きをした、初めての割りにはとてもかわいいポシェットができて満足、少しねむって恋人からの電話で起きた、そのままだらだら時間が過ぎて今に至る。
わたしの日記はおもしろくない、淡々と出来事を語っているだけで表現も物事もなにも面白さを感じない。文章の綴り方ってどうするんだっけ、おもしろい日記を書きたい。本を読まねば


7/27
午前10時に起床、のそのそと仕事へ行く準備をする、しっかり朝ごはんも食べて身支度を済ませ出社する。今日は約1時間半講習を受けて残りの3時間半はコールAまで3件行くことができた。これが自信に繋がるはず。
今わたしにないのは根拠のない自信とお客様と仲良くなること、ということがわかったのでこれからはそこを重点的に気をつけて行きたい。23時前に恋人から電話がかかってきた、今週は会えないけどはなまるもらったからがんばりたい、がんばる


7/28
午前9時に目が覚めて薬がないことに気づき急いで病院に電話する、午前なら診察可能だとのことなので12時半に予約をしてそれを目標に準備を手早く進める。暑い中、自転車をこいで目的地まで呼ばれるのを待つ。いつも思うんだけど予約を取ったのにも関わらずに待たされるって意味わかんないなぁ〜と思っていると名前を呼ばれたので診察室へ入る。今日も元気ないねと毎回同じフレーズ、いい加減聞き飽きた、いつも通り処方箋をもらって薬局で薬をもらう。急いで最寄駅まで帰って仕事へ向かう。3時間社長から直々の講習を受けた、頭パンパンになったけどニュアンスが解ればおうけー、あとは実戦で鍛えていくのみ。今日は1時間半でコールA1本とれたので自分を褒めてあげた。自分を褒めてあげるのってむつかしい、そうゆうのって誰かにしてもらって初めて意味を成すものだと思っているから、でもそれはとんだ勘違いで自分の武器を認めてそれを思う存分発揮し結果に繋がるのだから、それをやっていることを褒めてあげた方がいいに決まってることに最近気づいた。だからこれからもわたしはわたしをとことん褒めて甘やかすよ。


7/29
午前7時過ぎに起きてパパッと用意してもりもり朝食を食べていざ学校に、テストは半分くらいで力尽きて最後の方は頭を回転させてなかった、そそくさと帰ってカメラの操作法を復習してお散歩がてらご近所撮影。初めてちゃんと使うNikomartは思ったより重くて持ち運びに困ったけどいつも瞳で見ている風景をまばたきするみたいにシャッターを押せるのすごいたのしい、帰り道に聞いた椎名林檎ありあまる富がその瞬間にすごくマッチしていて感動して泣きそうになった。枚数を撮り終えて写ルンですも持ってカメラ屋さんに現像しに行ったら40分でできるとのことだったのでコンビニでアイスを買ってブランコで食べた、知覚過敏なのにガツン、とみかんを買ってしまって歯が何本か死んだ気がする。フィルムとCD-Rを持って帰宅してパソコンを立ち上げる、CD-Rを突っ込んで読み込んで写真を見る、初めてにしてはまずまずといったところ。太陽の向きを気にして脇をしっかり締めて距離を寄りすぎないところを気をつければいいとわかったので次に期待。はやく人撮りたいな

 

 

 

広告を非表示にする

青い世界の端っこで

7/20
午前6時半に起床。祖母の家に行って昨日の手芸の続きをしたけれど集中力がぜんぜんなくてだめ、必要なものを100円ショップで買って帰って1時間くらい眠った。起きて軽くごはんを食べてお風呂に入ってお化粧をする。なんとなく髪をあげて仕事へ行ったら、雰囲気変わってかわいいと言われてご機嫌な様子。今日こそ!という意気込みで取り組んだものの今日もダメだった。でもちゃんと仕事に行けてることはえらいと思う。がんばった


7/21
午前9時に起床、急いで着替えて祖母の家に行って昨日の続きをしてごはんを食べて届いてたレンズを持って帰って仕事へ行く準備をして出社。昨日の反省点をふまえて取り組んだらリサーチが取れてうれしかった、仕事ってたのしいと思えた。
退社をして待ち合わせの京橋へ向かって恋人を待つ。エスカレーターから降りてくる恋人を見つけて手を振る、そのまま手を繋いでアイスや飲み物を買ってホテルへ向かう。お風呂上がりに食べたパピコはすこし溶けていてクーラーの風で香る同じシャンプーの匂いにしあわせを感じる。ベッドに入ってキスをして眠りについた。


7/22
8時に起床、めずらしくテキパキ動いて身支度を済ませ、彼の準備を煙草を吸いながら待つ。ホテルを後にして「あついね」って言いながら日陰を探す、彼の暮らしている街へ。バスに乗って家へ向かう途中に昨日のパピコリベンジをした、やっぱり買ったばかりのだれかと分けたパピコは美味しい。家に着いて上がらせて頂く、すこし涼んでからくら寿司へ向かった、たくさん食べてしまってバスに乗った途端眠ってしまった、恋人に起こしてもらって降りる。手を繋いでショッピングモールへ入る、今日の目的は映画、「あれ欲しいな」「あれかわいいね」などと話しながらぶらぶら歩いて、疲れたら喫茶店に入って休んだりして時間を潰す。映画を観終わえて、カメラ屋さんに行くために梅田へ向かう。着いてフィルムと電池を買って使い方を教えてもらう。帰ってやってみたら動かなくなってしまった。明日また教えてもらいに行こう。
今日のデートもはなまるだった。


7/23
午前8時に起床、だらだら動きながら行きたくないと思いながら錠剤を口に放り込んで身支度をする。母が作ってくれたボリューム満点弁当を持っていってきます。仕事はテレフォンアポインター、負けず嫌いな性格のせいで18歳がコールA(訪問してもいいか聞く大事なところ)まで6回もいってて焦る。わたしは今日は2回しかいけなかった。悔しさで唇を噛み締めて恋人の待ってる京橋まで向かう。人混みの中愛しい彼を見つけ笑顔になったのと真反対の疲れきった彼の顔を見て吐きそうになった息を飲み込む。美味しいローストビーフ丼をご馳走になって帰路につく。何だかなと思いながら眠剤を飲むけど眠れなくて安定剤を飲む、ふと思ったこと言ったら伝わらなかった、それがかなしくて腕を切ってしまった。
今日はついてなかっただけ、たぶん明日は大丈夫。


7/24
午前8時半に目が覚めた、傷ついた腕を見て自分にうんざりする、溜まってたLINEをとりあえず返したら友人たちが慰めてくれた。いろんな価値観があってそれが救いだ。今日も仕事でメンタルがやられてしまってコール中に泣いてしまった、休憩後に社長がテーブルに貼ってくれた付箋がやさしくて嬉しかった。いつも通り退社して帰路につく、浴衣姿のひとをちらほら見て夏だなぁと感じた、わたしもサイコーの夏にしたい。

恋人から電話がかかってきて仕事でメンタルが殺されてることを泣きそうになりながら話したら、励ましてくれた、その言葉がとてもうれしかった。なにもいらないから言葉だけは欲しいと思った。

やさしい温度に侵されて

7/15
愛おしい寝顔をずっと守りたい。おでこにキスをしてそっとベッドを離れ、煙草を吸う。
出かける準備をしてホテルを出た。梅田をたくさん散策して足くたくたになったけど、今日のデートは100点満点。


7/16
8時半に起床。だるい身体を無理やり起こして身支度を済ませ、母の作ってくれたお弁当を持ち、いってきます。
初めての実践。文字の詰まったマニュアルを何度も噛んで先輩の顔色を伺う。こうしているとほんとうに社会人になったんだなぁ、と思う。働くってすごい。お弁当はボリューム満点ですぐにお腹は満たされたけれど残さず食べた。おいしかった。午後もなんとか乗り越えて同期の32歳の女性とふたりの男性の先輩と一緒に各方面へ帰る駅へ。これからのアドバイスや過去の失敗談などを聞かせてもらった。ここでしばらく頑張りたいと思った。今は恋人からもらう花丸が働く糧


7/17
午前10時に起床。調子が悪そうだった愛猫を病院へ連れていった。先生から健康体ですと言われたときほんとにホッとしたけど支払い料金をみてびっくりした。帰って仕事へ行く準備をして車に乗り込む、去年から壊れてたエアコンとテストに必要なタブレットを買いに家電量販店へ向かう。欲しいものは決まっていたけれど、仕事の時間に間に合いそうになかったので保留にして職場まで送ってもらった。仕事を淡々とこなして恋人へ会いに。
「よくがんばったね、えらいね。」ってはなまるをもらった。うれしい

どんどんふつうになっていくのがこわい。
彼は普通になってほしいらしい、でもわたしはふつうになるのがこわい。過去の自分を置き去りにしてしまうのがこわい。とにかくこわいのだ。このときの対処法をわたしはまだ知らない。


7/18
目覚ましが鳴り、瞼を開ける、隣で規則正しい呼吸をして眠っている恋人のおでこにキスをする、しあわせを噛みしめる。いってらっしゃいと見送って環状線に乗り込む。仕事へ向かうであろうひとたちを横目に今日は何しようか?と考えるのが少したのしい、といってもやらなきゃいけないことは山積みで家に帰ってひとつずつこなしていった。今日も恋人からはなまるをもらった、おとなになってはなまるをもらうことは中々ない、ましてやだれかに褒めてもらえることも少ないからとてもうれしい。わたしもだれかを褒められるようになりたい。


7/19
瞼を開けたら午前11時半。アラームをかけないで眠れるちょっとした社会人のしあわせ。
祖母に習ってこの間買ったパンツのはぎれを使ってひさしぶりに手芸をした、祖母の手つきを見様見真似で指を動かし縫っていく。時間が流れるのが速い、適度なところで終わらせて家へ帰る、かわいいのが出来そうでわくわくする。休日を持て余すかと思ったけれど案外充実した時間を過ごせた、明日からまた仕事をがんばろう。

 

 

 

檸檬と口づけ

7/8
今日のわたしはもうほんとぜんぜんだめだった。恋人をたくさん怒らせてしまった。それはわたしが子どもだから。もう大人にならないとだめなのかな。
ちゃんと働いて、ごはんを食べて眠って、泣かないでまた働いて、いろんなことに折り合いをつけて上手に生きていかなきゃだめなのかな。


7/9
家族そろってごはんを食べるのはおいしい。


7/10
今日は大変よく頑張りました。はなまる
・崩れるのを想定しておく
・他人と自分の境界線をしっかり持つ
・時間を持て余さない

・感情に従いすぎない

仕事が決まりました。


7/11
ひさしぶりに家事をしたら清々しい気持ちになった。生きるってこういうことなのかもしれない。
明日自信を持って外を出歩けるようにヘアパックもトリートメントも顔のパックもした。早寝早起きの練習をする。


7/12
寝て起きて気がついたら寝てしまっていて起きたのは午後12時近く。顔を水でバシャバシャ洗って、化粧水をしっかりして保湿クリームを塗り、化粧をする。おろしたてのブラウスとパンツを履いて外へ出た。なんだか好きな人に会う前みたいでドキドキした。学校に行っただけなんだけど。
身なりをきちんとするとしゃんとすることがわかってよかった。


7/13
時計を見たら午前5時。 睡眠薬が効かなくて安定剤を流し込んで眠ったのにも関わらずコレだ。明日は社会復帰に初出勤に研修でまた昼まで寝て夜眠れなくなるのはいけないと思い、アニメを見た。あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。個人的に夏に見たくなる作品で何度見てもとにかく良い。ふとあんなに一生懸命に生きられるかな、と考えさせられた。悔いのないようになんて後から気づくものなのだから無理だろうけれど今を精一杯生きてみたいと思った。


7/14
午前6時半に起きて身支度を整え仕事場へ。社会復帰はうまくできるだろうか、不安は的中していて自己紹介で噛んでしまった。思っていたよりずっと良い人達ばかりでここで働いて生活をしたいと思った。

 

 

 

広告を非表示にする